20201128womanlife Web

女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」にて紹介いただきました『心病む夫と生きていく方法』

20201128womanlife-web

妻の体験から役立ったことなど、読みやすく「ひとりじゃない」と勇気が湧いてくる一冊

女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」にて、『心病む夫と生きていく方法』を紹介頂きました(公開日2020年11月28日)

https://womanlife.co.jp/topics/1172808

「心病む夫と生きていく方法」好評発売中

株式会社ペンコムでは、(公社)全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)監修のもと、昨今、社会問題となっている「生きづらさ」を抱えながら生きる当事者や家族・配偶者・きょうだいが安心して暮らせる社会を目指し、「みんなねっとライブラリー」シリーズを出版しています。

家族編「追体験 霧晴れる時」、子ども編「静かなる変革者たち」に続き、この度、妻編「心病む夫と生きていく方法」―統合失調症、双極性障害、うつ病… 9人の妻が語りつくした結婚、子育て、仕事、つらさ、そして未来(著・大阪大学大学院准教授 蔭山正子/1500円)を発刊。

夫が心の病を患った妻に焦点を当て、どのような困難にぶつかり、どう乗り越えてきたのか、蔭山先生の解説とともに一緒に考えていきます。

妻の体験から役立ったことなど、読みやすく「ひとりじゃない」と勇気が湧いてくる一冊です。

▼お問い合わせ=「株式会社ペンコム」078(914)0391

みんなねっとライブラリーシリーズにつきまして

みんなねっとライブラリーシリーズ

『心病む夫と生きていく方法』は、「みんなねっとライブラリー」シリーズ第3弾になります。

「みんなねっとライブラリー」とは、公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)監修のもと、生きづらさを抱える本人と家族、きょうだい、配偶者が安心して暮らせる社会をめざし、ペンコムが出版している一般向け書籍シリーズです。 これまでに、「家族」「こども」「妻」の立場から、それぞれ異なる困難の現状とその乗り越え方、必要な支援などについて、当事者と研究者が執筆したシリーズを出版しています。

統合失調症、双極性障害、うつ…いまや、心の病は4人に1人と言われています。 同シリーズを通じて、家族、当事者、医療、福祉、介護、研究者など、多方面の著者が執筆し、分かりやすく、広く「こころの病」について理解を深めていただきたいという願いを込めています。