みんなねっとライブラリーシリーズ

公社 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)監修のもと、精神障がいがある人が安心して暮らせる社会をめざし、ペンコムが出版している一般向け書籍シリーズ

「生きづらさ」を抱えるあなたへ。あなたはひとりじゃないと伝えたい

2019年11月、ペンコムでは『みんなねっとライブラリー』を創刊しました。

統合失調症、双極性障害、うつ…いまや、生涯を通じて5人に1人がこころの病気にかかるともいわれる時代(厚労省みんなのメンタルヘルス)。

「みんなねっとライブラリー」は、公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)監修のもと、生きづらさを抱える本人と家族、きょうだい、配偶者が安心して暮らせる社会をめざし、ペンコムが出版している一般向け書籍シリーズです。

「家族」「こども」「妻」の立場から、それぞれ異なる困難の現状とその乗り越え方、必要な支援などについて、当事者と研究者が執筆したシリーズを出版していきます。

みんなねっとライブラリーシリーズのブックデザインは矢萩多聞氏

『みんなねっとライブラリー』シリーズは、温もりのあるデザインと紙質で、手に取った方からは「優しさが伝わってくるよう」と感想をお寄せいただいています。

シリーズの装丁は、ブックデザイナーの矢萩多聞氏が手がけています。

【矢萩多聞氏プロフィール】

画家・装丁家。1980年横浜生まれ。9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。

中学1年生で学校を辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。

1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し暮らし、個展を開催。

2002年から本をデザインする仕事をはじめ、これまでに500冊を超える本をてがける。

2012年、京都に移住。現在、インド、京都を行き来し、本づくりと画業、ワークショップなど多岐にわたって活動中。

著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『本の縁側』(春風社)、共著に『本を贈る』(三輪舎)などがある。

Ambooks – アムブックス

02GR_TAMON-credit

みんなねっとライブラリーシリーズは、マスコミにも多く掲載

精神障がいのある人の家族15の人生を掲載–日本福祉大同窓会報に青木聖久教授の最新刊紹介
龍谷大学校友会報に青木聖久先生の最新刊紹介いただきました
混乱と手探りを経て見いだす家族の新たな幸せの形ー「こんな僕」ヨミドクターに書評掲載
「静かなる変革者たち」川崎市社協の広報紙に掲載「特集 ヤングケアラー・きょうだい児に関する図書の紹介」
一番つらいあの頃に出会えてたら。『心病む夫と生きていく方法』書評掲載コンボ広報紙6月号
『心病む夫と生きていく方法』が「2020年今年の3冊」に選書ー共同通信
「精神疾患の親をもつ子ども」の学校での相談状況など調査結果まとまる 大阪大学大学院 蔭山正子准教授らの研究グループ
「精神疾患の親を持つ子供たち」子供が相談できない理由/蔭山正子先生へのインタビュー(教育新聞Web「クローズアップ」)