おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう

家族の思い、きょうだいの思いに触れるたびに涙がこみ上げてきましたー読者の方よりご感想をいただきました

おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう

『おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう』に読者の方から感想を頂きました

 

『おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう』〜精神障がいがある家族15の軌跡〜(青木聖久・著)にお葉書で感想を頂きました。

大学院の勧めでお読みいただいた40才代の福祉関係のお仕事の方からです。

ご本人に了解を頂きましたのでご紹介致します。

 

この本を手にした時、支援者としての立場で読んでいました。

読んでいく中で、自分自身が家族の思い、きょうだいの思いに触れるたびに、涙がこみ上げてきました。

生きてきた過程から、それぞれの主人公の生き方に感動しました。

青木先生のP304「出口を一緒に探させていただくために」は支援者として刻まれました。


ご感想ありがとうございます。

記載いただいたP304「出口を一緒に探させていただくために」につきまして下記に紹介致します。

 

出口を一緒に探させていただくために

✓ どうか自分を責めないでください。

✓ 入口があれば、必ず出口があります。

✓ おせっかいなようですが、出口を一緒に探させてください。

✓ あなたは、大切な人ですから……。

 

『おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう−〜精神障がいがある家族15の軌跡〜』(著・青木聖久)、ぜひお読みください。

おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう

おかあちゃん、こんな僕やけど、産んでくれてありがとう〜精神障がいがある家族15の軌跡〜みんなねっとライブラリー4

青木聖久

¥1,650

ある日突然「精神障がいがある人やその家族」に。苦悩や葛藤を経て前向きな人生を取り戻していく15家族の軌跡。今、孤立し、追い詰められている人のヒントになる。用語解説付き

在庫あり