20200101bookWatch2

それでも、「このお母さんの子どもにうまれてよかった」ー『静かなる変革者たち』BOOKウオッチで紹介

BOOKウオッチ

それでも、「このお母さんの子どもにうまれてよかった」!

タイトルからは何の本かわからない。『静かなる変革者たち』(ペンコム)。副題に「精神障がいのある親に育てられ、成長して支援職に就いた子どもたちの語り」とある。それを見て内容の想像がつく。まさにその通りのことが実例とともに報告されている。……

『静かなる変革者たち』が、書評ウェブサイト「BOOKウオッチ」で、紹介頂きました!(2019/12/31付け)

https://books.j-cast.com/2019/12/31010501.html

なお、BOOKウオッチは、月間の訪問者が1500万人を超えるインターネット総合ニュースサイト「J-CASTニュース」が2011年12月15日から提供を開始した書籍紹介サイトです。

https://books.j-cast.com/etc/aboutbw.html

記事本文では、執筆者である「精神疾患の親をもつ子どもの会(こどもぴあ)」の活動にも触れ、

本書は「体験記」「座談会」「考察」の3部構成。世間の表舞台には浮かび上がっていないが深刻な問題について関係者が地道に努力し、課題と向き合っていることがよくわかる。

本書の「静かなる変革者たち」というタイトルに納得する。

と書いていただいています。

ぜひ、お読みください。

静かなる変革者たち『静かなる変革者たち』精神障がいのある親に育てられ、成長して支援職に就いた子どもたちの語り〜みんなねっとライブラリー2
横山恵子、蔭山正子、こどもぴあ(著)
¥1,400 (税別)

追体験 霧晴れる時『追体験 霧晴れる時』 〜今および未来を生きる 精神障がいのある人の家族 15のモノガタリ〜みんなねっとライブラリー1【紙・電子】青木聖久(著) 1,300円+税→4人に1人が精神疾患の時代。そのとき家族は過去をどう乗り越え、「霧晴れる時」を迎えることができたのか。15家族の実話

生きづらさに寄り添う『みんなねっとライブラリー』シリーズ

ペンコムでは『みんなねっとライブラリー』を創刊しました。
「みんなねっとライブラリー」は、公益社団法人全精神保健福祉会連合会(みんなねっと)監修のもと、生きづらさを抱える本人と家族が安心して暮らせる社会をめざす一般向け書籍シリーズです。

家族、当事者、医療、福祉、介護など、多方面の著者が執筆し、わかりやすく、広く一般の方に「こころの病」について理解を深めてもらおうという内容です。

シリーズの装丁は、ブックデザイナーの矢萩多聞氏が手掛けます。

Doticon_red_Right『みんなねっとライブラリーシリーズ』創刊

みんなねっとライブラリー