追体験 霧晴れる時

「生きづらさ」の理由は_著者・青木聖久先生の講演取材記事掲載 中日新聞 (2018/10/24)

  • 2019年06月20日
  • NEWS

「生きづらさ」理由 具体例を挙げ紹介

精神福祉全国のつどい/中日新聞2018-10-24

精神障害者の支援団体が意見交換する「精神保健福祉ボランティア全国の集いinあいち」が、名古屋・名駅のウインクあいちであり、日本福祉大学の青木聖久教授が基調講演をした。

青木教授は、精神障害者が抱える「生きづらさ」の理由を具体的な例を挙げながら紹介。
疲れやすくなったり、同時に複数の事柄を処理できなくなったりと、就労に影響を及ぼすケースがあると述べた。
国や自治体の調査結果をし示しながら、精神障害者の所得が低い現状も明らかにした。
見た目からは障害が分かりづらく、社会から理解されにくいが、「誰でも当たり前の喜怒哀楽がある。特に人が元々持っているプライドは変わらない」と強調した。

追体験 霧晴れる時