A PROMISE TO LIVE FOR

NHKドラマ「どこにもない国」の原作『満州 奇跡の脱出』の著者 Maruyama氏からご感想をいただきました

  • 2018年10月05日
  • NEWS

A PROMISE TO LIVE FOR

終戦後、旧満州に取り残された150万を超える日本人の帰国を実現に導くためにわが身を捨てて奔走した男たちがいた

終戦後、旧満州に取り残された150万を超える日本人の帰国を実現に導くためにわが身を捨てて奔走した男たち・丸山邦雄、新甫八朗、武蔵正道。
彼らがいなければ、旧満州から日本人は引き揚げて、祖国の土を踏むことはできなかったかもしれません。

父・丸山邦雄を通して知られざる歴史を描いた『満州 奇跡の脱出』の著者 Paul Kuniaki Maruyama氏の原作は、NHKドラマ「どこにもない国」として放映され大きな感動をよびました。

NHKドラマ「どこにもない国」は、11/10(土)17(土)に再放送されます。
http://www4.nhk.or.jp/P4600/

その、Paul Kuniaki Maruyama氏から、何と、このたびペンコムより出版した『お母ちゃんとの約束いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ』の英語版『A PROMISE TO LIVE FOR』に、ご感想をいただきました。

(『A PROMISE TO LIVE FOR』(邦題:『お母ちゃんとの約束いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ』)の著者 Izumi Mochizuki Greubelさんあてに届いたもので、Maruyama氏の許可をいただきシェアさせていただきます。)

 

 

Paul Kuniaki Maruyama氏からお寄せいただいたご感想

『御本(日本語版と英語版両方)を読ませて頂き、非常に感動しました。
当時10歳だった郁江お母様の勇気、精神力、意志、信念 ー 信じ難い素晴らしい偉業を成し遂げたことに驚く他、言葉がありません。
望月郁江様の勇気や自分自身の母の勇気を振り返って考え、あの満州の悲劇の頃には勇気のあるしっかりした素晴らしい女性たちがいらっしゃったのだなあと思う他ありません。
今の10歳の子供たちが郁江様の様な勇気を発揮できるとは全く信じられなく、「お母ちゃんとの約束」をできるだけ多くの若い方々に読んで頂きたい物語です。
自分として、「お母ちゃんとの約束」は実に簡単に、分かりやすく、素直で率直に書かれてあることが御本の魅力と素晴らしさだと思います。
出来るだけの多くの方々に読んで頂きたい御本で、特に若い方々が読むべきだと思います。
言うまでもなく、戦争は絶対避けるべき事で、多くの犠牲者は必ず罪のない幼児、民間人、女性、老人ばかりです。
さらに、御本のもう一つの魅力は、泉様を始め、ご家族全ての皆様が協力、貢献して完成された傑作である事で、非常に珍しい宝物であると思います。』

Paul Kuniaki Maruyama氏、ありがとうございました。

 

A PROMISE TO LIVE FOR
~The story of how two small children had to trek all alone across Manchuria in 1946~

A message from the author:

“A Promise To Live For” is a true story I wrote based on my mother’s childhood experience. My mother, born in 1936, was 10 years old when she and her 6-year old brother had to trek 550 km (340 miles) by themselves in Manchuria in order to go back to their homeland in 1946, one year after World War II concluded.

Immediately after we released the Japanese language version in 2016, newspaper, radio, and other media organizations in Japan ran multiple stories about the book.  Although the plight of the Japanese refugees in Manchuria was well known, most of the survivors have passed away now and so many people in Japan wanted to learn more through this first-hand, riveting account to gain a sense of the suffering caused by war.  The encouraging and supporting messages from the Japanese readers, including from some who faced the same hardships as my mother, showed that my mother’s story still stirred heartfelt emotions.   Based on this feedback, my husband, Tony, immediately encouraged me to publish an English language version of the book so that my mother’s story could be told worldwide.  Tony and I have lived in various countries due to his job so we are blessed to have friends across the world.   Many of these friends and relatives also showed great interest in my book once I told them about the Japanese version and also encouraged me to publish it in English to reach a wider audience.

My mother asked my son, Douglas, to translate the book from Japanese to English.  He was very honored and readily agreed to do so.  He did a wonderful job and I am proud of him.

It is my mother’s wish that this English version will spread her story from Japan to the rest of the world so that people of every nationality, including other 10-year old children, will learn about the horrors of war and do everything in their power to promote peace from their own households, schools and local communities to the entire world.

Finally, these are the thoughts my husband shared after reading the English version. “Although I had been familiar with my mother-in-law’s experience in Manchuria, I did not fully grasp the hardship and emotions she and her brother experienced until Douglas translated the book.  I could not only feel her fear, hunger, and exhaustion but also her determination and will to keep her promise to her mother in spite of all of the obstacles she had to overcome to do so. I admire and respect my mother-in-law even more. I love you, Iku, from the bottom of my heart.”

Amazon A PROMISE TO LIVE FOR
https://www.amazon.co.jp/dp/429540229X/

A PROMISE TO LIVE FOR

00book_mama01

静岡新聞1面

お母ちゃんとの約束 感想

邦題『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ 』

英語版の出版にあたって

著者 Izumi Mochizuki Greubel

A PROMISE TO LIVE FORは、日本の敗戦から1年後の1946年、私の母・望月郁江(1936年生まれ、現・日本在住)が、10歳の時に6歳の弟とたった二人で、当時、家族で住んでいた満州から日本までの550㎞もの道のりを引き揚げてきた実話をもとに、長女の私(Izumi Mochizuki Greubel)が綴った物語です。

2016年に日本語で出版するやいなや(邦題『お母ちゃんとの約束』)、新聞などマスコミ各社でとりあげていただき、小学生から引き揚げ体験者の方まで多くの読者のみなさんから感想をいただきました。このたび英語版の出版を最も望んだのは、夫のトニーでした。引き揚げ体験者が高齢になる中、この本を日本だけでなく、世界中で読んでもらい、戦争の悲惨さや平和の大切さを訴えていく必要性があるのではないかと。私は夫の仕事の関係で海外赴任が多く、親戚、友人の多くは世界各地にいます。それらの多くの友人達も英語版出版の後押しをしてくれました。

翻訳は息子のダグラスが行いました。ダグラスはおばあちゃんからの依頼に誇りと喜びを感じ、一字一句大切に翻訳してくれました。

母が満州から引き揚げてきたのは10歳の時です。大人だけでなく、10歳の子供たちにもこの本を読んでいただきたい、そして、この本を通して、世界中の多くの方に戦争と平和について考える機会を得ていただけたら、それが私たちの本望です。

最後にーー。

ようやく英語で私の本を読むことが出来た夫の感想です。「義母の満州引き揚げの話は何度も聞いて知っていましたが、ダグラスが翻訳してくれたことにより、幼い子供二人が体験した様々な感情や詳しい当時の状況を知ることができました。この本を読みながら、幼い少女が体験した恐怖や飢えや疲労を共に味わうことができただけでなく、母親との約束を守るために必死に苦境を乗り越えていく信念というものが強く伝わってきました。義母に更なる敬意を感じます。お母さん、心から愛しています。」

A PROMISE TO LIVE FOR

~ The story of how two small children had to trekall alone across Manchuria in 1946 ~

https://www.amazon.co.jp/dp/429540229X/


Izumi Mochizuki Greubel
Illustrated by Ikue “Iku” Mochizuki
English translation by Douglas Mochizuki Greubel

First edition 1st printing August 1, 2018
ISBN 978-4-295-40229-9 C8095

To comment, request to purchase the book, and any other inquiries,
please send an email to “apromisetolivefor@gmail.com
or visit https://www.facebook.com/apromisetolivefor/


[本の内容に関するお問い合わせ先]
株式会社ペンコム TEL:078-914-0391 FAX:078-959-8033 office@pencom.co.jp

[乱丁本・落丁本などのお問い合わせ先]
TEL:03-6837-5016 FAX:03-6837-5023 service@impress.co.jp
(受付時間/10:00-12:00、13:00-17:00土日、祝日を除く)
※古書店で購入されたものについてはお取り替えできません。

[書店/販売店様のご注文窓口]
株式会社インプレス受注センター
TEL:048-449-8040 FAX:048-449-8041
株式会社インプレス出版営業部 TEL: 03-6837-4635
印刷・製本 株式会社シナノパブリッシングプレス
©2018 Izumi Mochizuki Greubel Printed in Japan
ISBN 978-4-295-40229-9 C8095