あかし本

神戸新聞読書面で紹介『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』

あかし本

神戸新聞2017/08/13付・読書面にて、
『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』 神戸新聞明石総局 著
を最相葉月さん(ノンフィクションライター)にご紹介いただきました。

日曜日の新聞の楽しみは、なんといっても読書面。

話題・オススメの本がたくさん載ります。
そして、ななーーんとペンコムの『あかし本』の書評を、2017年8月13日付け神戸新聞に掲載いただきました。
評者はノンフィクションライターの最相葉月さんです。

【あらためて知る子午線の街ーあかし本】

今朝の神戸新聞読書面(p15)に書評掲載。評者はノンフィクションライターの最相葉月さん。

ジャーナリズムは「視点」だ。当たり前すぎて通り過ぎていたものが、視点によって色鮮やかに浮かび上がる。本書もはじめに一人の記者の視点があった。「子午線」と「海」。
…‥おとなりさんとの嬉しい再会のような、懐かしさと愛おしさと驚きに満ちた1冊だった。

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』著 神戸新聞明石総局 刊 ペンコム
明石、神戸の書店はじめ、全国書店でぜひ手にとってください。