A PROMISE TO LIVE FOR

[戦後76年]平和への思い込めた 『A PROMISE TO LIVE FOR』(英文)オーディオブックをAmazon Audibleにて配信

A PROMISE TO LIVE FOR

平和への思い込めた児童書『お母ちゃんとの約束』英語翻訳版 『A PROMISE TO LIVE FOR』のオーディオブック 8 月 10日よりAmazon Audibleにて配信開始

株式会社ペンコム(本社:兵庫県明石市、代表取締役:増田幸美)では、2016年に出版し大きな話題となった児童向け書籍『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ-の英語翻訳版『A PROMISE TO LIVE FOR』のオーディオブックを制作いたしました。2021年8月10日よりAmazon Audible(オーディブル)にて配信開始となりましたことをお知らせ致します。

『A PROMISE TO LIVE FOR』(邦題『お母ちゃんとの約束』)に込めた平和を願う強い思いが、 英語のオーディオブックとなり全世界へ

(1)10歳と6歳。幼い姉弟2人で、… 満洲から引き揚げの実話『お母ちゃんとの約束』(2016年刊)

敗戦から1年後、満州の通化から故郷の静岡までの道のりを、たった2人だけで引き揚げてきた幼い姉弟がいました。 「キヨシちゃんの手を絶対に離してはいけないよ」 お母ちゃんとの約束をひたすら守り続けて、10歳のいっちゃんは、6歳の弟・キヨシちゃんの手を引き、果てしなく続く中国の大地を、一歩また一歩と歩き続けたのでした。 2人の願いはただ1つ。 日本で「お母ちゃんと会いたい!」 しかし、お母ちゃんはもう、この世にはいなかったのでした。

いっちゃんこと、望月郁江さんの体験を長女の泉さんと共に著した『お母ちゃんとの約束』いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ(2016年、ペンコム刊)。当時のいっちゃんと同じ10歳の子どもたちにも分かるようにと児童向けに出版したところ、児童だけでなく、満州からの引き揚げ体験のある本人や家族から大きな反響が編集室に寄せられました。

お母ちゃんとの約束
お寄せ頂いた感想のはがき

(2)「もし出来るなら、英語の翻訳を出してほしいです。そうすれば、今の学校の友達にも読んでもらえるから。」

海外在住の小5児童や、NHKドラマ「どこにもない国」の原作『満州 奇跡の脱出』の著者 Maruyama氏はじめ、世界中からご感想をいただき、英語翻訳版『A PROMISE TO LIVE FOR』が誕生しました(2018年刊)

●シンガポールでインターナショナルスクールに通う小5年児童からの感想「もし出来るなら、英語の翻訳を出してほしいです。そうすれば、今の学校の友達にも読んでもらえるから。」

僕がこの本を読むきっかけは、母が「辛いかもしれないけどこの本は読んでほしい、というか読まなくちゃいけないと思う。」と言ったからだ。
僕は2年半前まで北京にいた。
いっちゃんが居た場所も北京からそう遠くはないし、何より僕が居た頃は反日運動が激しくて、日本大使館の前ではデモが行われていたから、いっちゃんたちの気持ちは少しだけ身近に感じられると思っていた。
でも本を読んでいくうちに、あまりにもつらすぎて、ひどすぎて、僕はどんどんどんどん気が滅入っていった。
母には「まだ読まなきゃだめ?」とも言った。
でもそう言いながら読まなくちゃいけないんだってことも分かっていたと思う。
僕は戦争が引き起こす悲劇を知らなくちゃいけない。
母は戦争を繰り返さないために歴史を勉強しろといつも僕に言う。
お母ちゃんを失ったいっちゃんの絶望や、いっちゃんが引き揚げの時に感じていたと思う緊張感と恐怖感はきっと僕には分からない。分かってしまうほうが怖いようにも思った。
僕はきっとパニックになる。いっちゃんに申し訳なく思った。
こんな思いを別にいっちゃんがしなくたっていいじゃないか。不公平だって思った。
あとがきでいっちゃんが引き揚げた後も色々な問題にぶつかり辛い体験をしたことを知った。
でもいっちゃんは「今、幸せです。感謝しています。」って書いていた。
なんでこんな風に言えるのかよく分からない。でも、こんな風に言える理由は、お母ちゃんがいっちゃんの手を一晩中ギューっと握って「いっちゃんのことが大好きだよ。大切だよ。」っていう愛情をいっちゃんに残してくれたから、いっちゃんは辛いことを経験しても「幸せです」と言えるし、自分の子供にも孫にも愛情をあげることができるのかなぁと思った。
だからいっちゃんのお母ちゃんはすごいと思うし、「ありがとう」と伝えたいと思った。
いっちゃん。僕よりも70歳以上も年上だけどいっちゃんのママはすごいねって思います。
僕はいっちゃんの本を何度も読めるほどまだ強くないけれど、世界が平和になるように自分のできることをやっていこうと思う。

もし出来るなら、英語の翻訳を出してほしいです。そうすれば、今の学校の友達にも読んでもらえるから。
よろしくお願いします。
つらかったのにこの本を書いてくれてありがとう。

●児童のお母様からもお手紙を頂戴致しました。

現在、シンガポールでインターナショナルスクールに通う小学校5年の男の子です。
両親ともに日本人で国籍も日本です。
父親の仕事で4歳で日本を離れ、上海と北京で5年半を過ごし、その後シンガポールに移住し現在に至ります。
あまりの残酷さに一旦は読むことを放り投げてしまいましたが、ボランティアでお会いしたおじいちゃんの話(日本人ですが戦時中にマレーシアに逃げて現在はシンガポールの老人ホームに入っていらっしゃいます。彼は自分のお母様の生死を未だ知らず、「お母さんに会いたい」と何度も言っていたようです。)が契機となり、また読み始めたようです。
つらい内容でしたが素晴らしい本に出会えたと思いました。
ありがとうございました。

●NHKドラマ「どこにもない国」の原作『満州 奇跡の脱出』の著者 Maruyama氏からも感想をいただきました。

「『お母ちゃんとの約束』は実に簡単に、分かりやすく、素直で率直に書かれてあることが御本の魅力と素晴らしさだと思います。出来るだけの多くの方々に読んで頂きたい御本で、特に若い方々が読むべきだと思います。」

maruyama

“It’s beyond my words to describe your mother’s courage and determination – I was so astonished to find out what your mother had to go through when she was only 10 years old. Your mother and my mother displayed so much fortitude …I must say there were undoubtedly many strong-willed ladies during that trying time in Manchuria. Both our mothers went through such hardships in Manchuria and against all odds returned to Japan, your mother responsible for protecting her little brother and my mother caring for four of us children. How thankful I am! It is evident both of our sweet and gentle mothers in fact possess true grit.
I am doubtful that any present 10-year old child can survive what your mother has experienced. I hope your book will be read by as many people as possible, especially younger generations. The great thing about your book is that it’s very easy to follow as it’s simple and clear. Another special thing about this book is that each family member contributed on making this book and it’s a very rare product.
I have no problem if you share my father’s story and what I have done to tell it since I want as many people as possible to know about the tragedy in Manchuria. Needless to say, wars need to be avoided because innocent children, civilians, women and elderly people are the ones who bear the brunt of the suffering of it. We must let the people around the world, especially the young generation, know the consequences of wars, and I’m happy if I can contribute toward world peace by sharing my story. “

邦訳

当時10歳だった郁江お母様の勇気、精神力、意志、信念 - 信じ難い素晴らしい偉業を成し遂げたことに驚く他、言葉がありません。望月郁江様の勇気や自分自身の母の勇気を振り返って考え、あの満州の悲劇の頃には勇気のあるしっかりした素晴らしい女性たちがいらっしゃったのだなあと思う他ありません。泉さんのお母様と自分の母は満州で信じられない苦労をされ、それを乗り越えて、泉さんのお母様の場合は弟のキヨシ君を守りながら、私の母の場合は我々四人兄弟を守りながら、日本に引き揚げたことを回想すると、感謝の言葉がありません。泉さんのお母様も、自分の母も、何だか格別な勇気をその優しさの中に隠している気がしてたまりません。

今の10歳の子供たちが郁江様の様な勇気を発揮できるとは全く信じられなく、「お母ちゃんとの約束」はできるだけ多くの若い方々に読んで頂きたい物語です。「お母ちゃんとの約束」は実に簡単に、分かりやすく、素直で率直に書かれてあることが御本の魅力と素晴らしさだと思います。出来るだけの多くの方々に読んで頂きたい御本で、特に若い方々が読むべきだと思います。言うまでもなく、戦争は絶対避けるべき事で、多くの犠牲者は必ず罪のない幼児、民間人、女性、老人ばかりです。さらに、御本のもう一つの魅力は、泉様を始め、ご家族全ての皆様が協力、貢献して完成された傑作である事で、非常に珍しい宝物であると思います。

自分としては満州の悲劇を、出来るだけ多くの日本人、また世界の人々に知っていただくことに大いに歓迎するので、父のことや私のことを紹介してくださることには全く問題ありません。特に若い日本人、更に世界の若い方々に、戦争の恐ろしさ、悲惨さ、そして一番犠牲になるのは罪のない幼児、子供、女性、お年寄りなどなどである事実を伝えるべきで、自分が著書で述べた事実がこれからの平和に貢献できれば、それほど嬉しいことはありません。

promise-Audible

(3)オーディオブック『A PROMISE TO LIVE FOR』の配信開始(2021年)

戦後76年目の8月、ペンコムでは、『A PROMISE TO LIVE FOR』のオーディオブックを制作。8月10日から、AmazonのオーディオブックAudible(オーディブル)にて配信を開始しました。

なお、本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

■『A PROMISE TO LIVE FOR』の構成(2時間15分)
Prologue 2016 New Year Holidays: Shizuoka
1942 End of the Year: Shizuoka 〜Tonghua
1945 Summer: Tonghua
1946 Winter: Tonghua
1946 September 2: Tonghua
1946 September 3 – September 30:Tonghua 〜 Huludao Port
1946 September 30 – October 9: On the Ship
1946 October 9: Sasebo Port
1946 October 13: Shizuoka
Epilogue 2016 New Year Holidays: Shizuoka

【Amazon オーディオブックAudibleとは?】
いつでもどこでも耳で読書ができるサービス。現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印の9か国で展開し、すでに世界で何百万人もの人々が利用。海外では一般的なコンテンツとして広まっています。
スマホアプリやPCサイトはもちろん、Amazon EchoやAlexa搭載デバイスでも利用可能です。

▶Amazon Audibleサイト https://www.audible.co.jp/

■原作者 望月郁江(モチヅキ イクエ)プロフィール

望月郁江さん

1936年〜2019年。静岡市生まれ。1943年国民学校入学を機に、設計技師だった父親の仕事の関係で、父、母、妹、弟と満州の通化市に渡る。9歳で終戦をむかえ、翌1946年9月3日、10歳の時に日本へ引き揚げるため、6歳の弟を連れ、2人で通化市を出発。故郷の静岡に着いたのは、5週間後の1946年10月13日だった。その後、3人の子供、5人の孫に恵まれ、現在は夫と共に静岡市で平穏に暮らした。

■著者 望月 泉(モチヅキ イズミ)プロフィール

望月泉さん

1966年、望月郁江の長女として静岡市に生まれ育つ。アメリカの大学院で中等教育学を学び、卒業後はアメリカの州立大学で日本語を教える。国際結婚をし、夫の転勤でワシントンDCを拠点にインドネシア、カナダ、パキスタン、中国などに駐在。幼い頃から聞いていた母親の引き揚げ話を、1冊の本にまとめるという長年の思いを実現。2児の母。

■翻訳者 Douglas Mochizuki Greubel プロフィール

Douglas

著者の長男、望月郁江の孫。1996年にインディアナ州エバンズビル市に生まれ、5歳の時に父親の転職でワシントンDCに引っ越す。それ以来、父親の赴任に伴い、バージニア州、インドネシア、カナダ、日本の小学校、中学校を経て、北京インターナショナルスクールの高校を卒業。バージニア州立工科大学・機械工学部に進み、2018年5月に卒業。2018年9月よりフォード・モーターでエンジニアとして勤務。日本語と英語のバイリンガルで育てられ、現在に至る。

<翻訳者コメント>

僕は物心ついた頃から祖母の引き揚げの話を聞かせてもらってきました。毎年夏に日本に行き、祖母から話を聞くたびに、さらに新しい事実を知り、自分の頭の中で祖母の体験した引き揚げの世界がどんどん広がっていきました。口語りで伝えられてきた祖母の体験談を実際に本にして出版したいという母の意向を聞いた時、できあがった本が僕の家族内だけでなく、多くのみなさんに引き継いでいってもらえる宝物になるかもしれないと思いました。祖母に翻訳を頼まれた時、世界平和のメッセージを祖母や母とともに世界に広めるお手伝いをさせてもらえることに喜びを感じました。

■ナレーター Mary Duongプロフィール

Mary

バージニア州生まれ。バージニア州立工科大学で数学の学位取得。現在はミシガン州にてデータアナリストとして勤務。翻訳者Douglas Mochizuki Greubelのフィアンセで、2017年に来日。「静岡で望月郁江さんと過ごした2週間が忘れられない思い出」と話す。Mary Duongの両親もベトナム、ラオスからの難民。

<ナレーターコメント>
私は戦争で家を追われた難民の娘です。この本を最初に読んだとき、私は泣きました。録音の過程で、さらに泣きました。幼い時にこの本と出会っていたら、両親の苦労がもっと理解できたと思います。

■『A PROMISE TO LIVE FOR』情報

CDタイトル:A PROMISE TO LIVE FOR (English Edition)
Author: Izumi Mochizuki Greubel
Story:Ikue “Iku” Mochizuki
Translator:Douglas Mochizuki Greubel
Narrator:Mary Duong
配信先: Amazon Audible
https://www.audible.co.jp/pd/B09BQLN487

価格:2,000円(税込み)

▶『お母ちゃんとの約束』
https://pencom.co.jp/product/4844377469

▶『A PROMISE TO LIVE FOR
https://pencom.co.jp/product/4844377469

お母ちゃんとの約束とA PROMISE TO LIVE FOR