お母ちゃんとの約束

本に込めた平和の2文字、歌になって世界を巡る

敗戦後、10歳と6歳、幼い姉と弟がたった二人だけで満州から引き揚げてきた実話『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ』(望月泉・著、ペンコム刊)。 この本の最後のページに1編の詩が寄せられています。 本書のモデル、いっちゃんこと、 望月郁江さんが、この本でどうしても伝えたかったこと「平和の2文字」の思いを込めた詩です。 この詩に曲がつきました。 作曲は、望月さんと同じ静岡市内在住の窪田由佳子さん。 そして、この曲を、地元の松野小学校の児童が歌い継いでいるのです。 同校では、「子どもたちは松野の宝。今日からこの歌も宝になりました。これからも一緒に歌い継いでいきたい」と話しています。 ぜひ、お聞き下さい。そしてどうぞ、皆さんも一緒に歌ってください。

お母ちゃんとの約束の詩「空に願いを」

望月郁江さんの講演と「空に願いを」合唱ビデオ

平和講演会+「空に願いを」合唱

講演・作詩/望月郁江さん 戦争体験はすでに73年も前のこと。話しても子どもたちには分からないことも多いでしょう。やがて体験者も減り、記憶から消えていきます。でも音楽は残ります。一人でも多くの方にうたっていただき、平和の思いが世界に広がることを願っています。 『お母ちゃんとの約束 いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた満州五五〇キロ』のモデル。

「空に願いを」合唱

作曲/窪田由佳子さん 郁江さんが書かれた本を読みまして、感動しました。詩の中に、雲を見上げて、そしてそこに平和の文字をイメージするという ところがあります。空に平和の願いを、この思いを多くの方に歌い継いでほしいです。

「空に願いを」合唱曲・試聴・ダウンロード

『空に願いを』  二重唱 歌 松永智世、窪田由佳子 詩 望月郁江 曲 窪田由佳子(ピアノ)

『空に願いを』 ソプラノ 歌 松永智世 詩 望月郁江 曲 窪田由佳子(ピアノ)

『空に願いを』 アルト 歌 松永智世 詩 望月郁江 曲 窪田由佳子(ピアノ)

『空に願いを』 ピアノ伴奏 詩 望月郁江 曲 窪田由佳子(ピアノ)

お母ちゃんとの約束

公益社団法人図書館振興財団 選書

『お母ちゃんとの約束』 〜いっちゃんとキヨシちゃんが歩いた、満洲550キロ〜

10歳と6歳。姉弟二人で、… 満洲から引き揚げの実話

終戦から一年後、満州の通化から故郷の静岡までの道のりを、二人だけで引き揚げてきた幼い姉弟がいました。 「キヨシちゃんの手を絶対に離してはいけないよ」 お母ちゃんとの約束をひたすら守り続けて、10歳のいっちゃんは、6歳の弟・キヨシちゃんの手を引き、果てしなく続く中国の大地を、一歩また一歩と歩き続けたのでした。 二人の願いはただ一つ。 「お母ちゃんと会いたい!」 しかし、お母ちゃんはもう、この世にはいなかったのでした。 【書籍紹介ページへ】

bnr_promise_pc

A PROMISE TO LIVE FOR

~The story of how two small children had to trek all alone across Manchuria in 1946~

Originally published in Japanese in 2016, this English version is now available to spread Iku’s inspiring story across the world.

(『お母ちゃんとの約束』英語翻訳。)

【書籍紹介ページへ】