マイケルダンスパフォーマーMasaki 琳派400年記念の年、京都で活躍

マイケルダンスパフォーマーMasaki 琳派400年記念の年、京都で活躍

『継ぐ思いーマイケルダンスパフォーマーとして生きる』の発刊が昨年の8月1日。マイケルダンスパフォーマーMasakiが、敬愛するマイケルへの思いをストレートに表現したフォトエッセイだ。 写真は、琳派400年記念イベントのオープニングで華麗なダンスを披露するMasaki。絵師・キーヤンが描いたレッドジャガーの屏風絵をバックに、キーヤンの絵をモチーフにしたジャケットで登場した。(SANKEI expre…

続きを読む
経営者向けネット販促術に横井さんが講師|セミナーに参加できない方はこの本をお読み下さい!

経営者向けネット販促術に横井さんが講師|セミナーに参加できない方はこの本をお読み下さい!

『ヨコイ式「売れる販促の教科書」基礎編』の著者・横井孝治さんが、大阪産業創造館主催セミナー「【経営者のためのワークショップ】小売業・サービス業のためのネット販促術」の講師を務めています。 横井さんは、2009年から2014年まで、大阪市の外郭団体である大阪産業創造館で5年間にわたって販促コンサルタントを務め、214件の面談を実施。 相談者のアンケートでは「大変満足」が97%以上となっています。 セ…

続きを読む
「いざ」というとき、地域広報紙は何ができるのだろう。

「いざ」というとき、地域広報紙は何ができるのだろう。

 許されない凶悪事件。心のケアを  夏休みの最後に、大阪府寝屋川市の2人の中学1年生が巻き込まれる痛ましい事件が起きました。 テレビで何度も放映された幼い2人が商店街を行き来する監視カメラの映像を見るたび、いろいろな思いが錯綜しかわいそうでなりません。 心からご冥福をお祈りしたいと思います。...
続きを読む.
続きを読む
パッパと終わらせよう!「読書感想文の書き方」

パッパと終わらせよう!「読書感想文の書き方」

夏休み後半の最大の悩み「読書感想文」 夏休みもいよいよ後半。宿題が終わらなくて、家庭内が険悪なムードになってくる時期ですよね。 特に読書感想文!! 世の中に「夏休みの宿題としての読書感想文」という存在があるから、本離れが進むのかもしれないとさえ思っていました。この時期、毎年。 そこで今回は、「本が好きになるための読書感想文」の書き方について考えてみました。 あくまでもマスダ式ですから、 ・読書感想…

続きを読む
「本が好きになるための読書感想文」の書き方

「本が好きになるための読書感想文」の書き方

 夏休み後半の最大の悩み「読書感想文」  夏休みもいよいよ後半。宿題が終わらなくて、家庭内が険悪なムードになってくる時期かもしれません。 特に読書感想文!! 世の中に「夏休みの宿題としての読書感想文」という存在があるから、本離れが進むのかもしれないとさえ思ってしまいます。 そこで今回は、「本が好きになるための読書感想文」の書き方についてお伝えしてみたいなあと思います。...
続きを読む.
続きを読む
戦争という暴力行為からは、決して平和は生まれない|元米海兵隊員の講演取材メモより

戦争という暴力行為からは、決して平和は生まれない|元米海兵隊員の講演取材メモより

(写真は講演をするアレン・ネルソンさん。2007年2月撮影)  「ネルソンさんも人殺しをしたのですか」  戦後70年。私たちは、本や映像で、あるいは体験者に話を聞くことでしか戦争を知ることができません。 「戦争とは何か」 ここで紹介するのは、2007年2月に兵庫県明石市で行われた平和を考える講演会での内容です。...
続きを読む.
続きを読む
しくじり先生 紀里谷監督に一言「Listen」その意味は

しくじり先生 紀里谷監督に一言「Listen」その意味は

 映画監督 紀里谷和明さんがしくじり先生に登場  テレビ朝日系列の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』おもしろいですね。 毎回、「しくじった経験をもつ」著名人が登場し、「全盛期ーしくじった過去ーそこで学んだことー乗り越えるためにしたこと」を、おもしろおかしくプレゼンしていく番組。 まさに、「俺みたいにならない方法」を伝えていくもの。...
続きを読む.
続きを読む
再開致します!広報紙作成セミナー

再開致します!広報紙作成セミナー

 2015年度の広報紙セミナー再開!  PTA、自治会、自治体関係のみなさま、すこしお休みをいただいておりましたが、このほど、2015年の広報紙作成セミナーを再開致しました。 すでに、 6月15日 京都府更生保護女性連盟 特別研修会   「魅力的な広報誌について 伝わる広報・チラシとは」 7月 1日 大津市学区社協活動セミナー...
続きを読む.
続きを読む
大津市女性活躍推進アドバイザーに|著者・栗栖佳子さん

大津市女性活躍推進アドバイザーに|著者・栗栖佳子さん

ペンコムより刊行の『才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術』の著者・栗栖佳子さんが、著者の地元・大津市において「大津市女性活躍推進アドバイザー」に就任しました。 これは、同市がすすめる男女共同参画推進重点事業である「Otsuプロジェクト-W」の新規事業として、「大津市女性活躍推進アドバイザー制度」を創設したもので、栗栖佳子さんが初代のアドバイザーに。 7月9日には委嘱状の交付式が行われま、…

続きを読む